-------
------- ------- ------- ------- -------
-------
-------
-------
インタビュー
本田透役/堀江由衣さん
「すごく楽しくて、優しいお話だな、と思いながら毎回やらせていただいてます。笑えるところは笑えるし、とても楽しい作品に出させていただいて、すごく嬉しく思っています。
 アフレコは先行していて、もうずいぶんお話も進んでいるのですが、さらにさらに、透ちゃんのいいところが出せるように、頑張っていけたらいいな、と思っています。
 透ちゃんは、自分のことよりも人のことを本気で考えていて、自然とそういうことができる子だなぁ、って思うんです。例えば私とかが見たらイヤだなぁと思う事でも、透ちゃんはまったく違うところで受け止めていて、全部を受け入れられる、優しく包んでくれる子だな、と思うので……見習っていきたいなぁって(笑)。そういう部分が、雰囲気として伝わっていけばいいな、と思います」
草摩夾役/関智一さん
「僕はちょっと不器用な男の人の役なんです。先週第1話のビデオをいただいて家でみたんですけど、テンポがよくて、あっという間に30分終わってしまいました。これからも、さらに頑張らないとな、と新たに決意を固めました(笑)。
 夾は根はすごく純情だと思うんですが、すごくシャイだったりしてそれを表現できないんですよね。でも周りの人が困っていたりすると、照れつつも助けてあげる、男らしい一面もあって、その辺のストレートな部分と、隠している部分がうまく演じていければいいな、と思います」
草摩由希役/久川綾さん
「由希はすごくかっこいい男の子で、原作を読んだ時に個人的にはまってしまいました。いつかアニメ化したらいいな、と思っていたら、本当にアニメ化したんです。大地監督のマジックにかかって、原作のすばらしさが2倍にも3倍にもなっていましたので、これはもう、ぜひみなさんに見ていただけたら、と思います。
 由希は、基本的に王子様みたいな人なんですよね。要所に決めゼリフ&ポーズの王子様カットがあるんですが(笑)、原作で読んだ時に、すごくヨカッタんですね。それをアニメで見た時、ちゃんとアニメでも決めポーズがきっちりと表現されているんです。毎回そういうセリフがあるシーンでは、かなり緊張してやっているくらい、メチャメチャ素敵です。
 彼は不器用なのかなぁ?…家庭菜園やってるんで、どうなんだろう? 私も家庭菜園やっているんで…(笑)すごく共感できて…。あまり不器用さは意識してません。感情を内面にとどめている男の子だな、という印象です」
草摩紫呉役/置鮎龍太郎さん
「制作が進むうち、草摩の十二支の人たちも揃ってきてスタジオもにぎやかになってきました。楽しい雰囲気でいけると思います。ずっと続いてほしいんですけどね(笑)。
 紫呉は一応年長さん組に入るんですが、まぶだちトリオの一人はまだ出てきてないので、その辺も楽しみにしています。お話の方もわかりやすくて入っていきやすいので、ぜひ見てほしいですね。
 紫呉は、透や由希よりは年上なんですけど、そんなに年上ぶらずに、ボケれば年下の人たちに突っ込まれたり、飄々(ひょうひょう)としたところが魅力なのかな? つかみどころがない感じかなぁ、と思います」
草摩はとり役/井上和彦さん
「はとりは、ボクに似てなくて、とってもいい男です(笑)。先日収録した時は、かなりしゃべってて、ずっとこんなにしゃべるのかな、うれしいなぁ、と思っていたんです。でも今回は『バカな』の一言で終わってしまいました。平均的にしゃべりたい今日この頃です(笑)。たくさん出てくれることを祈ってます。はとりを応援してください」
草摩楽羅役/三石琴乃さん
「最初にキャラの絵をいただいた時に、なんて可愛い子なんでしょう、と思いました。私がやっていいんだろうか、と思ったんですが、台本を読んで、ああ、なるほどなぁ、と思いました(笑)。楽羅は性格がとても楽しいので、出た時はがんばっていこうと思います。
楽羅は一見ブリブリ〜っとした感じですが、好きな男の子=夾くんに対しては、それしか見えなくなる状態になって突っ走ってしまうんです。その突っ走り方がはんぱじゃない(汗)。好きと言う気持ちを伝えるサジ加減がヘタで、思いきり反省したりもする部分が、可愛いなぁ、と思っているんです」
草摩紅葉役/斎藤彩夏さん
「紅葉は、とっても元気でっ、私ににてるのでっ、がんばりたいと思いますっ。すみません、短くて(笑)」
魚谷ありさ役/今井由香さん
「透を優しくきびしく、いつも守っていけたらな、というのが目標のひとつにあるんですが、役柄上、花ちゃんとのコンビを楽しんでいるので、その辺も楽しんでください」
花島咲・本田今日子役/安原麗子さん
「私は花島咲と、透のお母さんもやらせていただいてます。両極端な役なんです。花ちゃんはつかみ所のない電波少女です。演じながら自分でも、どんな風になっていくのかな、って興味をよせつつ楽しみながらやらせていただいてます。

お母さんの方は、実際にはもういないんですけど、いつも透の心の中に生き続けていて、すごくいいセリフも多いんですよね。その辺が感動的だなぁ、と思っています。十二支の方たちも個性的で、アフレコ現場も非常に楽しくやらせていただいてます」


最終回キャストインタビュー


-------
大地監督スペシャルインタビュー

-------

-------
-------
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118nWVn6q768s68PTSkiXouSIFCXnBOjkBqunSikX76CSBTusXkYOM8dnoY